忍者ブログ

三起均整による膝痛解消プログラム~レビュー・実践~

膝痛治療の膝の痛み解消 三起均整による膝痛解消プログラムを紹介しています。

   

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

膝の痛み解消 三起均整による膝痛解消プログラム アジア・インターネット・サービス

三起均整による膝痛解消プログラム

膝の痛み解消 三起均整による膝痛解消プログラム



病院で治らなかった膝も本人が驚く程短期間に治した臨床例も多数あります。
 
 

 加齢、日常生活で膝が痛みだした(軟骨磨り減り等)

 変形性膝関節症等の膝関節症、膝関節痛、膝関節炎等で膝が痛い

 運動不足、体重増により膝が痛くなった

 スポーツ、特殊な仕事や事故等で膝を痛めた
(ジャンパー膝、ランナー膝、半月板損傷、打撲、怪我等)

 膝に水が溜まって痛い(膝の水を抜きたい)

 リウマチ、自己免疫疾患、橋本病等内臓疾患で膝が痛む

 O脚、X脚等もともとの脚の形により膝が痛む

 原因は分からないが膝が痛い
(ストレスによる膝痛等)

これらの膝の痛みを、病院や整形外科等に行かずに解消する方法をお伝えしたいと思います。
もし、貴方が膝の痛みを真剣に解消したいと考える場合は、どうぞ読み進めて下さい。

三起均整による膝痛解消プログラム 三起均整による膝痛解消プログラム


立ったり歩いたりするだけで痛い 膝の痛みは本当につらいものです。

・立っているだけで膝が痛い
・膝を曲げると痛い
・膝を伸ばすと痛い
・歩くだけでも痛い
・立ち上がると激痛に襲われる     

その他、階段の上り下りや正座をする時等、膝は日常生活で動作する時に必ず使う場所ですから、
そこが痛むと、日々の生活や仕事に影響が出てとても辛いです。

常に違和感があったり、激痛が来るのでは無いかと心配したり、
こんな状況がこのまずっと続くかと思うと本当に不安だと思います。

三起均整による膝痛解消プログラム 膝の痛み 新しい膝の痛み治療法
病院や整形外科でなかなか治らない


病院や整形外科に長年通っているが、膝がなかなか治らない方もいます。

膝に注射を打ち続けたり、薬を飲み続けたり・・・
少し痛みが取れたかと思ったら、また痛み出したり・・・

その多くは一時的な治療(対処療法)で、根本的な原因を除去していません。
多くの方はその対処療法に慣れてしまっているのです。


しかし、本当に重要なことは、一時的に膝の症状を抑えることではなく、
膝痛の原因を取り除き、膝の状態を完全に良くする事では無いのでしょうか?


栄養補給だけでは治らない


ヒアルロン酸やコンドロイチン等、膝の軟骨に良い栄養は幾つかあります。

ただ、その栄養を取るだけで膝痛が治るかというと、そうは一概に言えません。

理由は、膝痛の原因を取り除かずに、栄養を補充しただけでは不十分だからです。

膝の痛み解消 三起均整による膝痛解消プログラム 膝の痛み解消 三起均整による膝痛解消プログラム

それはまるで花粉症の人が、花粉を遮断せずに栄養を補給して治そうとしているようなものです。

花粉症の対策には、まず花粉を遮断すると言う事を行わないといけません。

また、それらの栄養が貴方の膝痛に効くとは限りません。


膝の治療だけでは良くならない ―痛みの本当の原因とは?―


膝痛を治す際に、病院では膝を治療します。

膝痛治療

これは当然と思われていますが、それでは膝は治りません。

膝痛の原因を取らなければならないのです。

実は、膝の痛みの原因は、膝だけでは無いのです。

東洋医学や均整術では、その痛みの原因は明確で、膝周辺の筋肉の緊張・コワバリ、そして膝の歪みにあるとわかっています。

膝に関連する部分の筋肉のコワバリ、歪みを取り除くことで、膝の痛みは解消し、再発予防にもつながるのです。

 

では、どうやったら貴方の「膝の痛み」は根本的に解消されるのか…その前に、


>>更に詳しい内容はこちらから









 

PR

カレンダー

04 2018/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

最新コメント

最新トラックバック

プロフィール

HN:
三起均整による膝痛解消プログラム
性別:
非公開

ブログ内検索

アーカイブ

Copyright ©  -- 三起均整による膝痛解消プログラム~レビュー・実践~ --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]